HOME > お役立ちブログ > 2ページ目

お役立ちブログ 2ページ目

何をやっても効く方^^ ~むくみ、首痛に対する整体の症例~


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。
 

のべ数で言うと数万人に施術をさせてもらっていて、中にとっても相性のいい方がいらっしゃいます。昨日いらした方がそうで、その施術風景を書き出してみますね。





 

足のむくみと左首の痛み

 

2年前からいらしている30代女性で、初診時は背中と腰の痛みがあり、マッサージを受けたらより痛みが増したようです。強い刺激も苦手のようで、当院のHPを見て来院されました。ボキボキやグイグイされるのが合わないようです。
 

初めの3回は一週間毎来てもらい、その後二週間開けて、その後はご自身のペースでいらしていて、数ヶ月開くこともあれば、今回はひと月ぶりの来院でした。
 

両足のむくみと首を右に倒した時の左首の痛みが主訴。



 

何をやっても決まっちゃう!

 

座っての検査で、左足が上がりずらい(靴下を履く動作)、あぐらをかきずらいことが判明。
 

それに対して、膝裏や脛骨(スネの骨)内側の骨と筋肉の癒着してる部分の”はがし”をやるとスッと上がるように。

足の甲もはがすとさらにスムーズに。
 

「また~、意味がわからん~(^_^.)」


といつもの台詞をいただく^^


仰向けで膝を立ててもらい、膝にそっと触れ体幹から軽~く押す(ほぼ触れてるだけに近い)と、膝裏のコリが消え、ふくらはぎもユルユルになり、膝を左右に倒す動作も可動域が大幅アップ。


「は~?また、何したんですか?」


「(無言でニヤニヤ)」



首のこわばりもあったので、そっと肩に触れてるとこちらもユルユルに。


「もうさ、わかろうとするの止めた(^_^;)」


座ってもらい、首の動きを確認すると右に倒しての痛みはもうなく、後ろに倒すと少し詰まりがある。


なんとなく右足の親指を触ると痛むポイントがあったので、そこをちょっとグリグリ。少しいいけど、クリーンヒットではなくようで、前腕をチョイチョイするとだいぶ反らせるようになってました。


「あくまでも痛いとこ触らないんですね」


「そういう訳じゃないけど、触るとしたら一番最後かなぁ」



この方には何をやっても決まっちゃうんですよ!これは初診の時からそんな感じでした。同じような症状の方に同じことしてもここまで気持ち良く変化してくれることはそうそうない。


むしろ、何やっても・・・ということもあります(*_*;だからこそ、打率を上げられるように日々勉強しないといけないんですよねぇ。


まあ、とにかくこの方とは抜群に相性がいいようです(^^)



 

相性のいい方の共通点

 

この日の施術後、
 

「あー、面白かった^^」と言うと、
 

「それはこっちの台詞ですよ(^_^.)」


と返してくれて、最後まで治療してるんだかなんだかわからないまま楽しく終了。


この方に限らず、相性のいい方って施術を楽しまれてる傾向がありますね。

例えば、


「今度こういう講習会に行ってきますよ」とか

「この間仕入れてきた施術がまた怪しくて・・・(^^)v」


なんてことをお話しさせてもらうと


「どんなことどんなこと!?」とか、


「また怪しいの仕入れてきましたねぇ^^」


などとワタシ以上に楽しまれてる。



深刻な痛みを抱えていてはそんな余裕はないかと思いますが、痛みや苦しさにフォーカスするよりもそういう視点を持っている方の方が治りは早い傾向があるように思います。



ワタシも日々の精進と楽しむ要素を忘れずに毎日を過ごしたいと思います。
 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 


本来の自分に気づき、自分で癒せる整体 ~右肩・首・腰痛の症例~


いつも答えは自分の中に!
 

本来の自分に気づくとおのずとやり方も見えてくる!


そんな考え方・在り方をお伝えするのが治療院ナチュラルのお仕事です



こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


今日いらしたクライアントさんへの施術を通して、学びがあったのでお伝えしますね。



 

腰痛、右肩痛、首の痛み

 

70代女性クライアントさんは、腰痛、右肩痛、首の痛みがあり先月初診で来院されました。
 

腰に関しては40年程前にヘルニアで2年以上苦しみ、藁をも掴む思いで東京の凄い先生の整体の受けに一ヶ月滞在し朝晩2回ずつ施術を受けるもその時は治らなかったそう(戻って来て少しして治ったらしいので、その施術も良かったのかもですが)。今は同じ姿勢を続けてると痛みが出て、家事やるにも困ってるそうです。
 

右肩は一年前から引きずる五十肩(発症時よりは良くなっている)。


左の首は時々つり、左肩を上げると頭に血が行かなくなる感覚がするそうです。


当院はだいぶ前にFBで見かけて気になっていたようで、満を持しての来院だったのでしょうか(^^)




 

「姉も診てもらいたい」

 

初回検査時、9項目程チェックが入り、足首と股関節と首の調整で少しずつ動きの改善が見られました。
 

結構お喜びになられて、


「今度姉も診てもらいたい」

とおっしゃっていました(今思い出しましたが、まだ診せてもらってません^_^;)


まだまだアチコチ調整が必要だったので、週に一度の一ヶ月位集中して施術する治療計画の提案をし、ご本人にお任せした所、その後一ヶ月過ぎても毎週お越しになり、前回来院時に全体的に調子が上がって来ていたので2週間空けて今日7回目の来院でした。



 

セルフケアの指導・・・身体の声を訊く

 

初診から毎回セルフケアの指導とチェックを繰り返していましたが、初めはなかなか一筋縄では行かなかったんです^^
 

仰向けで膝を立ててつま先を上げる操法をお伝えしたのに、次回チェックすると膝伸ばしたまま上げてるし、「ゆっく~り丁寧に」って教えてたのに力の限りやってたり(^_^.)
 

でも、この2回でだいぶこちらの意図が伝わり、力の抜けた操法になってきていました。


今日はとってもマニアックな操法をこの方には初めてやったのですが、凄くご自身の身体との対話ができていました。
 

もうそこには力を込めて目一杯動いていた姿はなく、その時の自分の顔がどこに向きたいのか、肩は?腕は?指先は?・・・としっかり自分の内側との対話をなさっていて、この操法後に検査をすると全ての動きに改善が見られていました。


実は、この操法は一切手を触れずに声だけで誘導していたので、セルフケアでも理屈上は100%再現可能なんですよ。


やり方なんてほとんどなく、自分の内側に目を、意識を向けてもらうだけ。


その在り方が身に付けば、おのずと答えは見つかるので、それに従い表現すると身体も変化してくるという・・・。


・自分でも治せる(全てという訳にはいかないですが)


・そのやり方と考え方・在り方を覚えていただく

文字で読んでも伝わりずらいでしょうが、当院の役目はこういうことをお伝えすることなんだよなあと、今日改めて教えられた思いです。
(身体に限ったことではなくて幸せに生きることにも繋がりますよね)


こういったコツをお伝えしています。


自分で自分を癒やせるようになりたい方へお勧め致します。


 


11月25日(日)~26日(月)は連休となります!


こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


休診のお知らせです。




11月26日(月)は研修のためお休みをいただきます。

※25日(日)、26日(月)と連休となります


27日(火)10時より診療再開します。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


沖縄県那覇市で整体、鍼灸で健康管理のお手伝いをしている治療院ナチュラルは、土曜・祝日も営業しております

平日はお時間が取れない方もどうぞご利用下さい(^^)




「妊婦へ整体をやってくれる所がなくて。」 ~肩峰下滑液胞炎の助産師さんの症例~


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。

以前いらした30代の右肩痛の助産師さんの症例です。



 

右肩の痛み

 

1ヶ月前から右肩が痛くなり、腕は上がるが角度によって痛みが出る。2週間前に整形外科で肩峰下滑液胞炎と診断され、注射を打ち患部はだいぶ楽になった(4割程痛みが残っている状態)。

知らず知らずかばっていたのか、患部よりも肩甲骨周囲の方が痛むようになってきたそうで、不意の動作でズキーンと痛むそう。


 

肩峰下滑液胞炎とは


肩峰下滑液包炎(けんぽうかつえきほうえん)とは、肩峰下滑液包が炎症を起こしている状態のことをいいます。肩峰下滑液包というのは肩の先のところにある肩峰と上腕骨の間にあるもので、水枕のような形状でクッションの役目を果たしています。

このイラストは後ろから見た右肩ですが、右上方にある肩甲骨の一部である肩峰と腕の骨である上腕骨の骨頭の間にある潤滑液の入った水泡が炎症を起こしてるのです。


 

注射で6割程改善したが、それ以上良くならない・・・

 

初回問診時に鍼の希望でしたが、かばっていたのか痛みが広がっているし、患部に負担を掛けている要因は別の場所にあるように思えたので、整体で全身のバランスの調整をし、必要な箇所にポイントで鍼を使う提案をし、納得頂き施術を始めました。



 

骨盤の捻じれの動きや股関節の屈曲制限への調整と肩甲骨と首、座位での肘周りへのアプローチで腕の上がりや帯を結ぶ動作がそれぞれ数cmずつアップしていました。


最後に肩甲骨と元々の患部へのポイントの鍼を打ち施術終了。


4日後の予約をお受けしました。


 

経過良好!2回で一旦終了^^

 

初回の施術後徐々に痛みが改善し、肩峰の痛みはほぼ気にならない程度まで。
時々ふとした動きで肩甲骨に痛みが出るが、それもピーク時に比べ2割程度。気にならない時間の方が断然多かったそう。
 

順調です(^^)


施術前の検査でも動きの改善は一目瞭然だし、操法毎の変化も気持ちいい程。

思わず、
 

「毎回こんなに気持ち良く変化してくれたら、自分を凄腕と勘違いしちゃいますよ~^^」


なんて言ってしまう位ドンドン変化が見られました。


当初はもう一回位来てもらった方がいいと思ってましたが、今回で終了することに。
あとは、気になれば来たらいいし、そうじゃなくてもメンテナンスで定期的に診せてもらえば一番いいでしょうけどね、そこはお任せで(^^ゞ


 

「妊婦さんを診てくれるところがないんです」

 

会計の際に、
 

「妊婦さんへの施術もやってますか?」

と質問受けました。


「はい、やってますよ~^^。
以前は安定期に入ってからお受けしてましたが、こんな緩~い施術になったんで、
体調さえ悪くなければいつでも大丈夫です。」

 

「良かった!鍼はやってくれるとこあるけど、妊婦さんへの整体はないんで困ってたんですよ。結構腰痛や恥骨痛のある方多いんで、紹介しますね~!!」

「ありがとうございます!喜んで~(^^)」


 


なかなか妊婦さんを受け入れる治療院は少ないみたいですねぇ。


治療院ナチュラルはいつでも喜んでお受けしますので、「診てもらえるのかなぁ・・・」とお悩みを抱えていらっしゃる方は遠慮なくご相談下さいね^^



 



顎関節症に対する鍼や整体の症例 / 那覇市 治療院ナチュラル


顎関節症の施術は足や手からやってます!



こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


顎関節症の症例です。






症状はあくまでも結果でしかない

とある症状でいらしている30代女性Aさんは鍼治療で通院中です。

その日も一通り施術が終わり、治療室(カーテン仕切りですが)から出ようとした時に、

「そういえば、右側を下にして横になってたら右の顎に違和感あって、動かしてもこちら側が引っ掛かってました」

とおっしゃる。


早く言ってよ~と思いつつ^^

ベッドに腰かけてもらい、自分もその横に座わり口の開閉時の引っ掛かりをチェック。やかり右側にカクカクっと引っ掛かりが。
そして、おもむろに右の親指と人差し指の間のツボ(合谷)に鍼を打ち、再度開閉してもらうと・・・

「あれ、少し楽です!」

これだとドヤッ?と肘に辺りに鍼を刺し、また開閉

「もっと楽です!!」


「自分でもできた方がいいから、鍼じゃないのもやってみようかね」とセルフで右腕をご本人が捻りやすい内側に捻ってもらうと・・・

「ほとんど引っ掛かりないです!!!
なんで~!?顎と関係ないところでドンドン楽になっていくんですか~???」


「そこは結果であって原因は別にあることが多いからね。関連してるとこがわかれば一見関係なさそうなところから変化していくよ^^」


この日は鍼治療後だったんで鍼でちゃっちゃとやってみましたが、全身のバランスの乱れが患部に負担を掛けていると考えているので、整体の時は足元から整えます。


かなりキツイ状態が一回で治ってしまうのは難しいですが、症状の緩和は結構いけると思いますし、自分でもできるケアもお伝えします。

お悩みの方はご相談下さいね。



「ギックリ腰になって以来腰痛が抜けない」 ~寝ると痛む腰痛に座位での整体の症例~


こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


 

今月初診でいらした腰痛に悩む20代の症例です。



 

3ヶ月前にギックリ腰で動けなくなって以来、腰痛が抜けない

 

先日お越しになった20代女性は長引く腰痛でお悩みです。
 

具体的には
・右腰がズキズキする(姿勢変える時など)
・寝てる時が一番ツラく、痛みで目が覚めることも
・靴下履く時もツラい
 

また、6年程前に腰のヘルニアの手術もされたそうで、その後も腰痛を繰り返していたが、久々に動けなくなる腰痛を年末にお越し、それからはずっと不調とのことです。
 

人間寝てる間に回復するようになっているので、この時間に痛みで悩まされるというのはとてもツラいことですよねぇ。
そんな中頑張って生活されてる訳で、たまらず来院されたので何としてでもお役に立ちたいなあと思います。


 

原因は患部だけにある訳ではない

 

検査をすると、

立位 ・前屈が怖い
   ・右に捻ると右腰が痛い
座位 ・首を右に捻りずらい
   ・横から腕を上げると途中で上がらない(左右とも)
仰臥位・股関節の屈曲制限
   ・左足首の動きが悪い
 

などなどあり、患部以外にもバランスの崩れが多く見られました。

言う慣れば右腰に負担が掛る様なバランスの中で生活しているのです。決して右腰だけに原因があるのではいのです。
 

なので、腰にマッサージ受けようが、電気を当てようがなかなか治らない訳です。



 

まずは足元へのアプローチ

 

全身のバランスを整えるために土台へのアプローチから始めました。
 

座ったまま膝から下の骨と筋肉・筋膜の癒着をはがすテクニック。
腕の上がりが30°ほど改善。首の動きもいいです。


次に、仰向けで足首への調整と膝を倒す骨盤への調整です。
膝の倒れがなかなか改善しないので、ちょっと変化球で動きがアップ。
下半身へのアプローチのみで首の動きも改善していました。

ところが、

起きてもらうと痛みが増しています。
さっき立位で身体を捻ると痛かったのは右だけだったのに左でも痛みが・・・。

どうやら仰向けでの施術が長くて腰に負担を掛けたようでした。



 

座ったままでの施術メインで

 

仰向けの姿勢が負担を掛けたのなら座位で調整です。
 

軽~く片側(楽な方)へ重心を移動させ足を踏み込む動作でなんとかリカバリーできました(汗)

ご自宅でのセルフケアをお伝えしてこの日は終了。
反省の多い施術となりました。



それから一週間後にいらした際に、その後の状況をお聞きすると、

・施術を受けた当日は凄く楽だった
・翌日から痛みは戻ってきたが、以前ほどキツくない


それを聞けて安心しました。

やってる方向性は間違いなさそうなので、座位をメインに施術しました。


まず初めに仰向けで足首の調整。これで骨盤の捻じる動きの改善を確認。


すぐに起きてもらい、背骨の捻り、側屈、前後屈での調整や下腿のはがし、踏み込み操法。
すごくいい感じの変化です。


今日は座位でのセルフケアを念入りに指導して終了しました。


このように、姿勢によってかえって負担になったり、初めはいたくなくても時間が経つことで痛みが出ることがあります。


そのようなことがなるだけないように、
・楽な姿勢で
・できるだけ短時間に
施術することを心掛けています。
 

場合によっては座ったままで数分で終了することもあり得ます。
 


その方にとって必要最低限で最大の効果を出るためのお手伝いを心掛けております。


 


頭痛薬を飲んでも改善しなかった方への整体の症例


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。海と食べ歩きと沖縄が大好物です^^


 

実に4年半ぶりにいらした頭痛で駆け込んで来た40代女性クライアントさんの症例です。



 

薬を飲んでも効かない。強い薬を倍飲んでもダメで・・・


先日久々にいらしたクライアントさんは、頭痛がツラくてツラくて飛び込みで来院されました。

お近くで商売されていて、この時期とても忙しく仕事休めない。かと言って頭痛もツラくて戦力にならず、当院を思い出して来て下さったんですね。

お話を聞くと痛みが出だしていつもの〇ブを2錠飲んでも効かず、〇ブの強いのを飲んでもダメで、いつもの倍飲んでもダメだったようです。


ワタシはお話聞いてるだけで怖くなるんです。
 

と言うのも、学生の頃風邪をひいた時にバファリン飲んだらじんましんが出て来て、あっという間に顔がお岩さんのように腫れ上がり、その顔にビビってダウンしたという悪い思い出があるんですよ。


元々じんましんが出やすい体質ということも大いに関係してるはずですが、薬ってこんなに身体に影響を与えるんだなあと強く思い知ったインパクト大な実体験でした。

 

そういう訳で、できるだけ薬を使わないような生活を送って欲しいと願ってるんですね。
 

もちろん、地獄のような痛みで飲まなきゃ耐えられないケースも多々あるでしょうから、そうなる前になるだけ頭痛が出ないようなケアを受けるなりセルフケアするなりの予防が大事だと思うんです。




マッサージはしません


このクライアントさんにはずっとマッサージ的な施術をやってきたんですね。
 

それはまだ操体法を学ぶ前だったこともあるんですが、症状によっては鍼や当時やってた整体の提案をしても揉んで欲しいのが強かったようで。
 

今回は事前に問診をし、今おこなっている施術の内容をお伝えし、了承を得てから始めました。あまりにキツくてなんでもいいからどうにかして、って感じだったとは思いますが^_^;




症状ではなく、原因にアプローチ


具体的な施術としては、動きの悪かった足首へのアプローチからスタート。

その後膝の動きから骨盤の捻じれを調整。
そして、頭蓋骨の歪みや頸椎の軸の調整。


この時点で頭痛はほとんど取れていました。


症状はあくまでも結果なので、その症状の原因となるバランスの乱れを整えるお手伝いをした結果、とてもツラかった症状も改善が見られました。


症状を治そうとしなくても自然と治っていってくれたんですね。


最後に右に捻りずらかった首へのポイントの鍼で仕上げて施術を終えました。




治療院ナチュラルでは、頭痛であろうと足元から整えることが多いです。

「痛いとこは触らないの~?」
と思われることも多いのですが、その方が土台が整うので、結果的にはより深く改善するように思います。

表面的ではない改善をご希望の方にお薦めします(^^ゞ







『3S cafe』@嘉手納町で日本一のハンバーガーを食べる


日本一に選ばれたハンバーガ―を食べに嘉手納に行って来た!
 

肉肉しいパテ、手作りのバンズも旨い!!

こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


今、ブログの移行中で過去記事をちょいちょいアップしていますが、こちらも2017年1月の記事を多少修正してお届けしますね。

 

「とっとりハンバーガーフェスタ2016」で一番旨いバーガーに選ばれる!


2016年10月。新聞に掲載された記事に目が留まった。
沖縄代表の『3S cafe』全国ご当地バーガーグランプリで第3位と特別賞(一番美味しかったバーガー)に選ばれたと書いてあった。
 

嘉手納のメインストリート新町商店街にあるとのこと(嘉手納はいつも素通りで一度も行ったことがない^_^;)、ちょっと遠いけど旨いハンバーガーの為なら行くしかないでしょ!


そう思いつつ数ヶ月、ようやく昨日初潜入を果たしたのです。



 

サーファーのセンスが光るオサレなカフェ


入る前からオサレ感が伝わる。

中はさらにいい感じ。


もうね、いちいちオサレ!
 

だからと言ってオサレピーポー以外居ずらい感はなく、食事後もゆったりできる空間でしたね。ちょうど4人組が二組帰られたタイミングも良かったし。


 

佐世保で食べてたハンバーガーを思い出す


内装だけで期待感が膨らみまくってるところへ主役登場。

いよいよ実食です。ジャーン!!




ボリュームたっぷり、肉もガッチリ、トマトに玉ねぎの存在感も最高!旨そ~!!
 

小学生から高校まで過ごした佐世保はここ10数年位?「佐世保バーガー」で有名だけど、やっぱり当時から旨かったんですよ、ハンバーガー(ただし、佐世保バーガーなる名前はなく、上手くマーケティングしたな!と拍手^^)。


その当時食べてた感じを思い出す見た目。



 

肝心なお味も見た目通りとっても旨~い!
 

バンズも自家製らしく、紅イモも練り込まれてるとか。
どなたかのブログにパテは150gあると書いてましたが、肉肉しくて好きです。


いや、単に好きではなくて、とっても旨~い!!

凄いボリュームのようで意外とペロッといけちゃった^^

今回頼んだのは、看板の3Sバーガ―ランチ(ポテト付、アイスコーヒーorティー飲み放題)950円。やっぱお店の名前付いてるメニューは頼んどかないとね。


「とっとりバーガーフェスタ」に出したのは、黒毛和牛の牛スジ ミートソースチーズバーガーのようで、次回はぜひそちらを食べてみたいと思う。




全国ご当地バーガーグランプリ第3位と特別賞ベストクオリティバーガ―(一番美味しかったガバーガー)の違いは?


新聞の記事読んだ時から気になってた疑問を店主に聞いてみました。
 

特別賞は、一般の方が食べて投票した結果、つまり食べた人の美味しいという評価が一番高かったということ。
もうこの時点で、ご当地バーガー日本一を名乗ってもいいんじゃね?
 

ご当地バーガーグランプリの方は、有識者?的な人が審査し、地元の食材使ってるかとか、地域とどれだけ連携してるかなどの要素(ワタシの説明が足りませんがそんなニュアンスに理解した)も細かく審査されるそう。

優勝したとこは県の人も一緒になって取り組んでいたようで、店のチカラだけでの勝負ではなかったようです。

まあとにかく、味では一番の評価を受けたってことですよ!
 

地元のハンバーガーが全国大会で一番美味しい評価を受けた、これって凄くないですか!
僕は凄く誇りに思うんですよ。だから、また足伸ばして食べに行きます^^(単なる食いしん坊なだけという説も・・・^_^;)
 

ちなみに、昨年県内での大会「沖縄バーガーフェスタinぎのざ」で優勝したのは、うるま市の「BONES」らしく、秋におこなわれる「とっとりバーガーフェスタ」に今年の県代表として出るようなので、ぜひとも頑張って欲しいと思います。
(『BONES』は2年連続沖縄代表で出場し、2年とも準優勝だったらしいっすよ!凄いね)

「BONES」にもまだ行ったことないので、こちらもぜひ行きたいと思ってます。

(去年行ってみて、店の周りの雰囲気といい内装といい一度は行く価値アリですよ~。ボリューム半端ないッス)



以上、ワタクシ一押しの3S cafe情報をお伝えしました~!ぜひ行ってみて下さいね(^^)/


3S cafe(スリーエスカフェ)
住所 沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納445-12
電話 098-911-3833
営業時間
ランチタイム 11:30〜19:30(ランチタイム~14:30)
※詳しくは各自ご確認を
定休日 日曜日、祝祭日(月曜はランチのみ)



首から背中の慢性的な痛みへの整体(操体法)の症例


「沖縄でも操体法が受けられると聞いて来ました!」


こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。



先日いらした初診の方への整体の症例です。





「操体法を知って独学でセルフケアやってます!」

右の首から背中にかけて常にこわばっていてお辛いとのこと。
お仕事で県外から月に一度のペースで沖縄にいらしてるそうです。

以前は腰痛なども抱えていてようですが、ある療法を知りセルフケアを重ねかなり改善されてようです。
その療法とは当院でおこなっている操体法で、沖縄でも受けられないか調べて当院を知ってご予約された次第。



そうなると話が早いです。

「ウチの整体ってちょっと変わっていて・・・」なんて手間が省けて楽ですし、さっきまで見ず知らずのはずの方が同志に思えてくるから不思議です(^^)

操体にも色々あるけど、まあワタシのやってる操体を受けてもらいましょうか^^



マニアックな施術風景に

検査をすると、肩が上がりづらく特に右は100°ほどしか上がらない。左も130°ほど。
そして、一番お辛そうだったのは右を振り向く動き。

それらに対し、足首と骨盤の調整からスタートし、膝裏のこわばりや仰向けで立て膝での左右への倒れ方が大幅改善!


その後横向きになってもらい方への調整をしようとすると、

「もしかしてKポジですか!?」

「えー、Kポジションしってるんですね!ビックリです!!これKポジですよ~」

「やったー!受けてみたかったんですよ~!(^^)!」

となんともマニアックな施術風景になりました^^


このKポジションとは理学操体の加藤廣直先生のオリジナルで、DVDでも学びましたし、当院で開催していただいた講習会でもご指導いただいていてワタシの臨床の中でもかなり使用頻度の高い操法です。
それを喜んで受けていただけて、こちらのテンションも上がらない訳がないですよね。


最後に残った首の右回旋(振り向く動き)制限には、右手の指や前腕の”はがし”(骨から筋膜をはがす、癒着した筋肉同士をはがす手技)でほぼほぼ制限なく動けるようになりました。

「ずっと引っ掛かってたのの原因はここ(腕や指)だったのか~!」

と驚きと納得の表情でした。

症状は結果であって必ずしもそこに原因がある訳ではない場合がとても多いです。
当院の施術はそのような考えに基づき、全体のバランスや筋膜の繋がりなどを重視しておこなっております。




操体法とは

例えば、身体を右に捻ると引っ掛かってあまりいけない、左には普通に捻られる場合、あなたならどうしますか?右が硬いからと一生懸命右に捻ったりしませんか?

操体法では真逆で、楽に動かせる方・気持ちいい方に動かすんです。そうするとなぜか動きづらかった方も動きやすくなるんですよ!これは身体が持つ仕組みで、我々はそのように設計され生まれてきています。

その仕組み・法則性に気づき治療法としてまとめられたのが操体法で、仙台で医師をしていた故・橋本敬三先生がその創始者です。

ウィキペディアを貼り付けておくので、もう少し知りたい方はご覧下さい ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%93%8D%E4%BD%93%E6%B3%95

橋本先生は単に治療法としてではなく、”健康で幸せに生きるための道しるべ”ともおっしゃっていて、操体法を学ぶことでワタシの心も豊かになってきています。

以前施術を受けられた方が、
「操体法が広まれば世界が平和になるだろうなぁ」
なんておっしゃってましたよ^^

身体の改善だけでなくそんな風な考え方などもお伝えして行ければいいなあと思っています。





膝痛への整体での二つのポイント / 那覇市 治療院ナチュラル


患部の状態は確認するけど、施術は最後

まずは股関節と足首へのアプローチから




こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。



今日は治療院ナチュラルでおこなっている膝痛の方への整体のアプローチ法やポイントを書いてみます。





まずは、足首と股関節の動きを診る

ひと口に膝痛と言っても様々なケースがあるので、「これだけやっていれば簡単に治る」って方法はないと思うんです。
そうではなくて、膝痛の方の多くの方に共通しているところからまず診ていくってことなんです。

ワタシが臨床で診せていただいていて膝痛を抱える方の多くに共通点として感じるのは、股関節と足首の硬さなんです。

なので、検査する際は必ずこの2ヶ所も診ていて、可動域の狭さ・痛み・不安定感などあればそこから調整をしていきます。

それだけで結構変化してくれるケースも多く、やはり外せないなあと思います。



膝周りの筋肉も忘れずに

当院の施術は基本的に患部はそっとしておいて、そこに負担を掛けている一見関係ないような部位の調整から始め、患部にも問題がありそうでしたら最後に調整すしています。

膝で言うと大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)やハムストリングス(太もも裏の筋肉)は最後に診ますが、この辺に偏った緊張があるケースもあるので、患部も必要であれば緩めていきます。



重心のバランスも重要。毎日の矯正のためにインソールの活用も!

足首や股関節、そして患部の調整をしてもまだ調子が上がらない場合は、立位で重心の調整をしています。

中々手こずっていた方もこれでピタッと決まってくれて以来、膝痛への施術のレパートリーに加わりました。


また、外反母趾があり内側(母趾側)に体重を掛けられず、絶えず外重心になっていた膝痛の方にはインソールもお勧めしたところ、使い始めてから内側にも体重掛けられるようになり、膝への負担が格段に減って痛みもかなり軽減したようです。

当院で取り扱っているのがこちらの3点バランスインソール



人間本来の足底はカメラの三脚のように3点で身体を支えるからこそしっかりと強く支えられるのに、現在多くの靴に使われているインソールは3点の間のアーチを埋め、フィット感を高めることで必要な緊張感を奪い、弛緩した状態で過ごすことで身体を崩しているようです。
言うなれば、間違った靴やインソールで身体を崩しているケースがもの凄く多いということ。

なので、外反母趾や膝痛、腰痛の方には特にお勧めしております。


以上が当院における膝痛への施術、重心保持や矯正のアドバイスなどのやり方です。


膝痛で辛いけどどうしていいのかわからない・・・、湿布を貼っている・・・、マッサージしてもらっている・・・、腰から来ているとバキバキ矯正を受けている・・・、膝周りへの鍼を受けている・・・でも中々治らなくて困っている方いらっしゃったらご相談下さいね!





<<前のページへ1234

アーカイブ