HOME > お役立ちブログ > アーカイブ > 2018年12月

お役立ちブログ 2018年12月

膝に水が溜まるのも必要があってのこと ~膝痛に対する整体の症例~


膝に溜まった水を無暗に抜いてはいけません!
 

水が溜まるには溜まるだけの理由があるから・・・
 

必要がなくなれば自然と元に戻ります。


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。

膝痛に対する整体の症例です。そして、膝に溜まった水を抜くことに関するワタシの意見も書いています。





 

ストレッチをしていて傷めた左膝痛

知人の紹介で先週いらした50代女性は、一ヶ月前にストレッチをしていて左膝を傷め、階段を降りたり身体を捻る時などに痛みがあり、腫れてもいる。ダイビングしていてまたキツくなり来院されました。
 

2週間前に整形でレントゲンとMRI撮り、年齢相応に軟骨のすり減りがあるかなあと言われ、また、週に2回やっているテニスもやり過ぎと言われたとのこと。


週に2回も水を抜いたが・・・

その整形ではやたら水を抜かれたそう。
よっぽど溜まっていた(何倍にも腫れてしまい少しも曲げられない程だった?)のかお聞きすると、そんなに腫れてもいなかったとのこと。


一度抜いた後5日経つとまた溜まっていてもう一度抜いたようです。それでも痛みは変わらず・・・。


「あのね、膝に水が溜まるのって悪いことじゃあないんですよ!必要があるから溜まるんです」

「???」

「わかりやすく大雑把に言うと、例えば軟骨がすり減ってしまって骨と骨が当たって痛いとします。では、身体はそうならないために水を溜めることで内圧を上げ骨が当たらないようにしてるんですよ。
だから、よっぽど生活に支障出なければ抜く必要はないんです。というか、せっかく身体が頑張って痛まないような努力をしてるのに、抜いてしまうのは逆効果になりますよ」

「へ~!」

やたら水を抜かれるし、その割には良くならなくて不安だったようでした。
そして、水が溜まるのも必要があってのことという話に驚きつつ、なるほど~として表情を浮かべられていました。

膝痛に対する施術


毎度言ってることですが、


膝が痛くて、膝に水が溜まってるからといって膝が悪いおは限らない。
そうやって膝に負担が掛ってしまうバランスの乱れが悪い場合がとても多いんです。


なので、全体の検査をして動きの悪い箇所、バランス崩している箇所を把握し、そこの調整をするだけ。
 

例えば、仰向けで膝を立て左に倒れずらい膝に対してやったことは足首の調整のみ。それで膝の倒れも変わり、股関節の詰まりも変化し、腕の動きさえもアップした。

最後に座位であぐらのかけなかった左足に対して、右のあぐらの体勢での調整でもう少しで普通にあぐらかけるところまで来ました。


いつものように、膝の治療をするのではなく、その患部の負担が掛らないように全体のバランスを整えるのです。



初回はここまでで、次回は一週間かそれ以内に来てもらい続きをやりましょう^^と提案しました。



炎症を起こして溜まった水の抜き方は・・・?


初回の施術をいい感じで終えようとしたところ、まだ不安げなお顔で質問をいただきました。

「溜まった水はどうやったら抜けるんでしょうか?」

う~ん、まだ説明が足りてなくて真意が伝わってなかったようです。


「あのですね、繰り返しになりますが、水が溜まることは悪いことじゃないんです、よっぽどのレベルじゃなければ。水を溜め擦れ合わないようにしてくれているので、現時点では必要な水・腫れなんですね。
諸々整って水が溜まる必要がなくなったら自然に水はなくなって腫れも引きます。いいも悪いもなく必要だから在るだけ。
水が溜まる=悪ではないので、身体のシステムに感謝しつつ必要な間は仲良く付き合って下さい^^」


繰り返しの説明でなんとか納得してくれたようです。


まあ、痛みは消し去りたい・水が溜まるのは悪いこと、と思うのは無理もないのでそこから脱却するのは一度聞いただけでは難しいですよね^^


今日9日ぶり2度目の来院され、その後深くしゃがんだり階段下りるのはまだキツいものの、歩くのがだいぶ楽になられたようで、しかも、その後水が溜まることもなく過ごせていたようでした。


悪者と決めつけて抜かなくても、必要がなくなれば水も溜まらなくなるんです(^^)
もっともっと状態を上げ、週2回楽しくテニスできるようになるまでもうしばらく二人三脚で頑張りましょうね(^^)/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


その痛みはホントにヘルニアのせい? ~手のシビレ・腰痛の症例~


MRIやレントゲンなどの画像での診断と症状は8割以上が一致しないそうですよ!
 

ヘルニアと診断されても落ち込まず、言葉に惑わされずに一度信頼おける治療院へ!!
 

こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。
 

10年ぶりにお越しになられたクライアントさんの腕の締め付けられる痛みと手のシビレ、腰痛の症例です。




 

ほぼ同時期に首と腰のヘルニアと診断される

10年ぶりにいらした50代女性は、元々あった腰痛がツラくなり先月いつもとは違う整形外科に行き、MRIを受けヘルニアと診断された。
 

また、今月に入り左の肩甲骨から上腕にかけての締め付けられるような痛みと親指のシビレが出て、こちらも首のヘルニアと診断されたそうです。
 

それで、これはちゃんと治療受けて治さないと!と思い当院を思い出し来院された次第。


こういう時に思い出していただけてありがたいです。


ヘルニアだからといって特別なことはしない

施術に入る前に今の状態をお聞きし、把握。そして、当院の考え方や施術内容を説明します。
10年前と今とではやってることや考え方もすっかりかわっているのでね。



お話したのは


・ヘルニアと診断されたとしても、症状の原因がヘルニアとは限らない
・8割以上が画像と症状が一致しないらしい
・痛みはそっとしておく(患部にはあまり触れない)

・首や腰に負担を掛けている今のバランスが悪い場合が多いので、全体を整え患部に負担の掛らない状態になるお手伝いをさせてもらう


そんな内容をお伝えし検査に入りました。


案の定、足首や股関節の動きの悪さ、骨盤の捻じれがあり、鍼治療後座ったままセルフで踏み込む動作、仰向けで足首から全身の調整でいろんな動きがだいぶ改善していました。
最後に首の調整して終了です。


ヘルニアだからといって特別なことは全くなく、いつも同様全体のバランスを整えるお手伝いをさせてもらいました。



5日後の来院時、その後の状態をお聞きすると、腕の痛み・手のシビレは半減、腰の痛みは6割程改善していました!


それよりも嬉しかったのは、可動域の検査をすると前回と比べ大幅に良くなっていて、明らかに身体の変化を表していました(当院では痛みよりもまずは可動域の回復を重視しています)。


この日の施術も同じように身体の動きからバランスを整え終了し、次回は一週間後の予約をいただきました。
だいぶ動きの改善があるので、整体のみで施術する予定で、思った以上に早期に快復&続けての来院から卒業してもらえそうで凄く嬉しいです。



 

ご存じですか?8割以上が画像診断と症状が異なる現実を!

皆さんは「ヘルニア」という言葉にどのようなイメージをお持ちですか?


直訳的には「脱出・突出」という意味があり、鼠径ヘルニア(脱腸)や臍ヘルニア(出ベソ)などにも使われますが、ここでは脊椎と脊椎の間の椎間板から髄核が飛び出し神経を圧迫し、痛みやシビレを引き起こすと言われている椎間板ヘルニアについて書いてみますね。


椎間板の一部が飛び出して神経を圧迫して・・・と聞くとかなりヒドイ状態に思えますよね!

ところが、MRIなどの画像で異常がなくても物凄い痛みやシビレがある方も多いし(そんな場合でも「骨に異常ないから湿布貼って様子見といて」と言われるケース多くないですか?)、逆に画像上ヘルニアがあるのに全く症状ない場合もある。


これってヘルニアが必ずしも症状の原因ではないってことですよね!


そして、あるスーパードクターがテレビでも言ってましたが、画像と症状が一致しないことが8割以上もあるそうですよ!


しかも、髄核が飛び出しても距離的に神経には触れないって話もある(痛みの原因は神経圧迫ではなくて引っ張られてることによるという説を読んだことがあります)。だとしたら、今言われているヘルニアの説明って一体なんなんだ・・・?


だから、そもそもヘルニアって言葉に過度に反応する必要はないんじゃないかって思うんです。

クライアントさんからすると、「この痛みの原因はヘルニアです」と言われると、あたかも重病の宣告を受けた気持ちになると思うんですよね。

しかし、このクライアントさんのように施術のほとんどの時間足への調整しかやってなくて肩や腕の痛み手のシビレがかなり改善するケースもとても多いんです。ヘルニアが原因だとしたら逆に説明つかないですよね。


それに、「自分は重症だ!」と思えば思う程その不安はマイナスの波動を引き寄せ、痛みやシビレが取れずらくなると思います。その一点だけでもヘルニア=重症と思い込まない方がいいと思うんです。

もし、あなたがヘルニアと診断されたとしても、重症でなく思いの外早く改善する可能性は大いにあります(もしかしたら手術が必要な場合もあるかもしれませんが)。
 

そんな診断を受けた場合でも、信頼のおける治療院に診てもらい快復の道を探られる選択肢があることを頭に入れておいていただければと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 


家族の問題の最善の解決法とは!? ~心と身体に寄り添う整体~


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


初診でいらした不眠で悩む30代女性の症例です。



 

2週間前から不眠に

詳しくお聞きすると、就寝中目が覚めたり、朝早く起きてしまう。
心配事があり、身体にいつも力が入っている気がするとのこと。
 

また、肩こり・冷え症、腰痛もあるようです。

心配事がおありになるようですが、初回はそこには触れず、身体の動きにフォーカスしてバランスを整えるお手伝いをしました。
すると、ご本人の予想に反してアチコチの動きが変わり、足や頭蓋骨の調整で訴えのなかった口の開閉のしずらさも改善!


施術前に、
「不眠を治すのではなくて、全体のバランスを整えることで自然と眠れるようになると思いますよ」
と伝えていたので、クライアントさんも期待に胸を膨らませてお帰りになりました^^


4日後2度目の来院。

前回翌日から夢を見なくなり、眠れてる感がアップしているそう。まだ朝早く起きてしまうものの、辛さ加減は半減とのこと。


この日もご自身の身体の感覚に意識を向けてもらうことに専念し、前回お伝えしたセルフケアのチェックと修正点のアドバイスも。

最後に、心配事を聞いてみるとご家族のことのよう。この時もそれ以上は聞かずに施術を終えました。


 

心配事を解決する最良の方法は!?

前回から5日後3度目の来院時、全体に上がって来ていた調子が一歩後退。
身体に対するアプローチもしっかりやりつつ、具体的な心配事も聞いてみました。
 

「なるほど、それは結構キビシイ状況ですね!」


自分がもしその状況に置かれたとしたら、かなり参っちゃうと思いますねぇ。
それを承知の上であえてアドバイスすると・・・
 

・自分をとことん最優先に満たしてあげて下さい!


自分が満たされてないと他人(自分以外はみな他人です)のチカラになることもできません。
眠れなくなる程の心配事を乗り越えるにも自分の心身の健康があってこそです。
 

身近な方が困難な状況に陥ってしまい苦しんでいる。
そんな時でもまずは自分自身を満たしてあげることが問題解決の第一歩だと思います。


はじめワタシの話を聞いて驚かれてましたが、真意を理解いただけると納得していただいていました。
「自分を大事にしま~す」と笑顔で帰られました^^


 

ヨガ道場に通っているようで楽しい!」

4度目の来院は2週間後。
 

朝は1時間程早く起きてしまうけど前より眠れている。肩のコリもほぐれて楽になってきているそう。お話中のお顔も以前よりも明るくなり、全体にユルユルな雰囲気になっています。



この日も身体と心に働きかける施術をおこない、終了時に


「ヨガ道場に通ってるみたいで楽しい!」


と凄くいい笑顔で話してくれました。


「そうでしょ!ウチはまさにそんなことを目指してるからそう言ってもらえると嬉しいなぁ」

「痛みを取るとか治すとかではなく、いい意味で『身体で遊んでる』んですよ!こんな不思議で凄い世界もないから仕事が楽しくて仕方ないですよ~(^^)」


当院は通常の治療院・整体院などと違って「治す」ということではなく、「身体との対話」を最重要視しています。
 

そもそも痛みなどの症状を悪者とは思わず、身体からのありがたいメッセージと捉えていますから、治そうとはせずに身体がどうして欲しいがっているのか?って視点で対話するんです。


ご本人も楽しんで通えば通う程ご自分でのケアも上手くなり、通院の頻度もドンドン少なくなってもらえるといいなあと思っております。


また、症状って心の声と現実の行動とのズレだも捉えることもできるんです。ご自身では気づかないそういうギャップに気づくお手伝いもしていますし、そういう目線で身体と心に寄り添う施術・治療院でありたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


年末年始のお知らせ / 那覇市 整体 鍼灸 治療院ナチュラル



大晦日から1月2日(水)までお休みをいただきます!



こんにちは^^沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。






12月も中旬となり、会社勤めの方などは忘年会シーズン真っただ中ではないでしょうか?
ワタシも先日今年唯一の忘年会を終えました^^


今年も残すところ約半月。
ラフに決めていた年末年始のお知らせを正式にお知らせ致します。



年末は12月30日(日)15時まで診療し、

年始は1月3日(木)10時から診療致します。

※1月3日は17時最終受付とさせていただきます




少しイレギュラーな時間となりますので、お間違いないようご確認下さい



また、以前からお知らせしているように、12月17時(月)も休診となりますので、ご確認下さい。




一回の整体で安定剤が1/5に! ~過敏性胃腸炎・不眠の症例~


こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。


初診でいらした腹痛(過敏性胃腸炎)、不眠でお悩みの方への整体(操体法)の症例です。





 

過敏性腸症候群と不眠でお悩みの方が「操体法を受けたくて」来院

医療関係のお仕事をされている40代の女性は、
 

・20年前からの胃・腸の不調、背部の痛み
・不眠


でお悩みでした。



腹痛は過敏性胃腸炎と診断されていて、ヒドイと夜中に吐いたり下したりし(年に一度調子崩す)、10回程入院もしたそう。今はそういう状態ではないそう。

不眠は寝付きが悪く、出勤前日には安定剤を毎回(週5日)飲んでいるとのことです。


予約のお電話で、

「操体法を受けてみたくて」とおっしゃっていました。

初回来院時にお聞きすると、以前操体法の本を読んだことがあって、腹痛だか過敏性胃腸炎の治し方が書いてあり、それを見て以来受けたいと思っていたそうです。


「ワタシは治しませんが自然に治るようになっています」


なんていう本をお読みになったかお聞きするも覚えていないようでした。


この方はある症状の治し方があると聞いて(本を読んで)、治して欲しくていらしたのですが(普通そうですよね^^)、残念ながらワタシは「この症状にはこう!」というような意味合いでの治す治療をやってないんですよねぇ。


治して欲しくていらした方にそんなこと言うと、「ええっ!?」と思っちゃいますよね^_^;


身体は元々治る力が備わっていて、今現在もその治癒力は一生懸命働いているのですが、なんらかの要因でそれが上手く発揮されてない状態にあると考えています。

なので、症状を治せるのは各人の治癒力だけで、こちらはその力が発揮されやすいような土台作りのお手伝いしかできないんです。

そんなお話を施術に入る前にいろんな例え話を交えながら説明させていただき、クライアントさんの心にも刺さったようでした。


一手毎に説明した内容が目の前に現れる!


検査をすると、


・肩が上がらない、仰向けで回らない
・首は右を向きずらい
・あぐらかきずらい
・膝が倒れずらい

・左足首が上がらない


などなどあり、そのいずれもご本人は自覚ありませんでした。


それに対し、つま先を上げたり膝を倒したりすると制限のあった動きがドンドン改善していき、問診時に説明を受けた内容が具体的に自分の身体に現れ、とても驚いています。

最後に足をゆらすと手に何かが湧き上がってくる感覚があったようで、とても繊細な感覚をされているようです。


週5回飲んでいた安定剤が1回に減った!


5日後2度目の来院。

前回後の様子をお聞きすると、お腹の調子はそこまで悪くないので変化はわからないけど、不眠が大幅に改善したようです。


こちらでお伝えしたセルフケアを毎日されていて、やり終えて余韻を味わっているといつの間にか眠っていて、安定剤を飲んだのは一度だけとのことでした!


一度の施術でここまで変化するとはこちらもビックリです。もちろん凄く繊細な感覚をお持ちになられている上に、毎日セルフケアをされてたのも大きいと思うんです。


ワタシの施術やお伝えしたセルフケアが不眠や腹痛を治す技という訳ではありません。


やはり、悪い部分を治すのではなく、全体のバランスが整うと自然に治るんだなあと再確認できました。

痛み・症状は悪者ではなく大事なサインです。
不調な時ほど普段頑張ってくれている身体に感謝し、乱れたバランスを整え、心と身体の調和を図ることが大切だと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。




 


「もうストレッチ止めます!!」のその後は、一人操体で体調アップ!


「あれから毎日しっかりとセルフケアやってます!


身体の調子も良くなって来てますよ~!!」
 




 

こんにちは!沖縄県那覇市久茂地で痛みのない優しい整体と鍼灸で心と身体のバランス調整のお手伝いをしている治療院ナチュラルの宇座です。

先月いらした「もうストレッチ止めます!!」 http://natural-okinawa.jp/archives/892 とおっしゃっていた頑張りがちなクライアントさんが先日2度目の来院をされたので、後日談を書いてみますね。



 

アチコチあった症状が・・・


一週間ぶり2度目の来院時、まずはその後の状態をお聞きした。


初診の問診時におっしゃっていたのが


・首から肩へのこわばり
・右胸から背中にかけて内部で「ドン」と不整脈のようになる
・頭の表面が痛む
・左足のシビレ(両でん部、右足底~趾先へも)
・両母指痛


とアチコチに不調を抱えられてたので、「まだココが痛い、あそこも痛い」ってお話を予想して聞いたのですが、

「その後調子いいですよ~!」と予想外の答えが^^


よくよくお聞きすると、前回お伝えしたセルフケアをしっかりやっていたようで、それも効果を発揮してくれたのかもしれません。

 

驚く程のセルフケアの上手さ!


いい状況を聞けて喜ばしいのですが、そこで一喜一憂してはいられません。こちらの目でしっかりとチェックします。
 

前回と同じ検査を10項目程おこない、3項目は前回同様でしたが、その他は大幅もしくは少しでも改善が見られ、自覚だけでなく客観的にも状態の改善を確認できました。


そして、前回お伝えしたセルフケアを自宅でやってるそのままチェックさせてもらうと、驚く程繊細に再現されるではないか!!これにはビックリです!!!


と言うのも、その日施術した中で自分でもできそうなことを一つはお教えして自宅でやってもらうように言うのですが、ほとんどやらない方3割、やってみたけど全く違うことにアレンジしてやってしまう方4割、残りが型は合ってるけどなんとなくのやり方だけ覚えて圧が抜けてスカスカだったり、やり過ぎてかえって調子崩すようなことやってたりと、まあ皆さん見事にアレンジしまっくてるんですよ(^_^;)


しかし、これは織り込み済みなんです。


「エビングハウスの忘却曲線」ってご存知ですか?


心理学者エビングハウスによると、1度覚えたものも1時間後に56%忘れ、1日後に74%忘れるそうなんですよ。


なので、施術中に一度受けてもらいセルフケアを教わっただけではそうそう覚えられる訳はないんです。だから、初めの数回は続けて来てもらうことが肝心なんですよね。


そういうことなので、2回目に来院された方にセルフケアのチェックさせてもらってもチンプンカンプンなことをされるのは当たり前なんです^^

仮に「やり方」を覚えてたとしても、反対にやってたり、効くと思って回数や強度をやり過ぎてたり・・・etc.まあ、みなさん色々とやってくれます^_^;

ところが、この方はマニアックな操法をお教えしているワタシの目にもほとんど動いていないようにしか見えないレベルの繊細さで再現してくれました。
 

そして、再度検査をするとしっかり変化が出ていて、何も文句の付けようがない素晴らしい出来でした。


このことがとてもとても嬉しかったですねぇ。


なんでも、以前別の自己整体ってのをやっていた時に頑張って動き過ぎるよりも最小限の動きの方が身体の通りが良くなった体験があるそうで、それを思い出して身体が楽なようにやってみたらしいのです。素晴らしいです!


 

さらに次の段階を示す

あまりに上手くやってくれたため、少し早い気もするけど、次の段階もお伝えしました。


それは、前回教えた手順をぶっ壊すこと!


えっ、ぶっ壊すってどういうこと!?って思いますよね^^


砕いて言うと、
 

やり方を覚えて頭でやるんじゃなくて、一つの動きをきっかけに身体に起こる変化に気づき、それに従って動くこと(または動かないこと)

よく身体の声を訊くって言ってますけど、まさにそれ。


考えるのではなく、感じる


それをワタシが自分でやってるセルフケアを見てもらうとこちらの言わんとすることがしっかりと伝わったようです。

久々に表れたプロ級のクライアントさんにワクワクしながら施術させてもらいました。

こういう方には少しずつレベルを上げて伝えて行く必要があるので、ワタシもまた勉強になるし成長させてもらえると思うのです。

次回来院が本当に楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


 


1

« 2018年11月 | メインページ | アーカイブ